プータとわたしと時々ダーリン

目の不自由なおじいちゃん犬プータと家族のささやかな日常を綴ります

ダーリン小遣い交渉決裂か⁈

コロナの感染が始まった頃、夫の仕事が一時期減ってしまったことがありました。

 

でもそれは我が家に限ったことではなく、多くの方が何かしらの影響を受けて大変だったのではではないでしょうか。

 

きっと家計を預かる主婦であるならば、「節約、節約!」とお財布の紐を硬くしたかもしれません。

 

我が家の場合、家計の見直しでまず手をつけたのが、お小遣いでした。

 

夫は30%ちょっと、私は40パーセントのお小遣いカットです。

 

夫も当初は緊急事態が発生したのだから仕方がないと受け入れてくれたのですが、仕事も割と早い段階でいつも通りに戻り、もう時期2年になると言うのに、我が家の「小遣い緊急事態宣言」が解除されないのはなぜだろうと、気づいてしまったのでした😅

 

この「小遣い緊急事態宣言」発令中、夫は私と二人で使えるようにとノートパソコンをローンで買い、夫の減らされたお小遣いの中からかなりの割合で払ってくれています。

 

私はそのおかげでこのブログも書けているので、本当にありがたい!

 

しかし、かなりの割合で私がパソコンを使っていることに気づいた夫は、私に買い取るよう要求し、それを拒否すると、夫のローン支払い分を減らすよう要求してくるのでした。

 

そもそも夫のお小遣いは、とても恥ずかしくて言えないくらいカワイイ金額なので、その要求はごもっともと言えばごもっともなのですが、私としてはまだまだ先がわからないと思うと譲れません。

 

さぁ、お小遣い値上げ交渉の始まりです!

 

話し合いは平行線でなかなか進展が見られず、結局のところ「今は無理っ!」と妻に押し切られてしまうのでした😳

 

先日、私が楽しそうにパソコンを使っている様子を見て何を思ったのか、自分用にパソコンをもう一台買ってしまい、ローンがとうとうお小遣いを上回ったと嘆いていました。(そういえば昔CMソングで、「よ〜く考えよ〜お金は大事だよ〜♪」ってあったような)

 

あれあれダーリン、どこかにへそくり隠しているんじゃあーりませんか?🤔

 

まぁとは言え、少々強硬手段でこれまでやってきてしまったので、今月はちょっとボーナスを支給してあげようと思い、ほんの少し「はいどうぞ💕」と差し出したら、罠を警戒する動物のような目をしてすぐに受け取ろうとしないではないですか。(オイっ!)

 

昭和の時代、家計の実権を握り、お財布の紐が硬い妻のことを、「うちの大蔵大臣が厳しくて」とよくお父さんたちがボヤいていたものです。

 

時代は令和になったけれど、私は「我が家の財務大臣」として今日も自分の勤めを果たしていく所存であります!✨

 

f:id:poodlepooh:20220118115136j:plain

結局2台になりました😄

f:id:poodlepooh:20220118115220j:plain

夫お得意のDIYで作ったのはいいけれど場所をとる

f:id:poodlepooh:20220118115149j:plain

片付けやすいスタンドがいいと言ったら買ってくれました。だからお金がなくなるのだ💸

f:id:poodlepooh:20220118115201j:plain

ダーリンありがとうございます!いつかお小遣いの値上げが出来ますように✨






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成犬になってからのトイレトレーニング

f:id:poodlepooh:20220115170546j:plain

ワンちゃんをお家に迎え入れたなら、まずトイレトレーニングに取り組むのではないでしょうか。

 

子犬の頃は物覚えも早いので、比較的トイレトレーニングはしやすいもの。

 

でも引っ越しなど、環境が変わることでトイレトレーニングのやり直しをしなければならないことがあるかもしれません。

 

プータさんは7歳の頃に今の家に引っ越してきたのですが、今まで使っていたトイレを置いてもしなくなってしまいました。

 

場所で覚えていたこと、散歩の際にトイレを済ませた方が気持ちが良いと思ってしまったのかもしれません。

 

でもお家でトイレがきちんと出来ないと、天気の悪い日や病気、高齢、衛生面、マナーなどなど、困ることがたくさんあります。

 

そこですっかり成犬になってからでしたが、トイレトレーニングのやり直しをしなければならなくなったのでした。

 

成犬になってからのトイレトレーニングは子犬の頃とは違って、長年の癖がついていたりするのでちょっと厄介かもしれません。

 

なので出来るようになるまで飼い主さんが根気よく取り組むことが必要です。(プータさんの場合、試行錯誤しながら約一ヶ月ほどかかったと思います)

 

飼い主さんが焦ってイライラしたり、粗相をした時に叱ってしまうと、トイレに対するマイナスのイメージがついてしまい、余計に家でしなくなってしまいます。

 

粗相をした時は、クールに片付けた方がいいです。(心の中では叫ぶかも😮‍💨)

 

そして、ワンちゃんがどのタイミングでトイレをしたくなるのかよく観察しておくことはとっても重要です!(ここが鍵💡)

 

犬の習性上、寝起き、食後、お水を飲んだ後、遊んだ後、このタイミングはトイレタイミングになることが多いです。

 

この時にトイレに連れていき、辛抱強く待ってみます。(寝起きの時はオシッコをする確率が高いので、済ませるまでケージの中にしばらく入れておくのもいいかもしれません)

 

そして出来たなら、「思いっきり褒める」、この繰り返しです。

 

プータさんの場合この方法で、まずうんちトレーニングに成功して、しかもコマンドで出せるようになりました。(コマンドは「うんちうんうんうん」です)

 

パブロフの犬の条件反射」は有名な話ですが、この条件反射を利用して「うんちうんうんうん」と言われてトイレをすると、めちゃくちゃ褒められる&オヤツがもらえる、と学習したことでトイレスイッチが入るようになったと思います。

 

コマンドでトイレが出来るとお出かけするときにすごく助かります。(おじいさんになった今は、コマンドというより時間でしています)

 

ただオシッコがなかなかこの方法では上手くいかず、少々苦労しました。

 

散歩の時に、マーキングの延長でオシッコをしたほうが気持ちが良いと覚えてしまったのかもしれません。

 

そこで散歩の時にもトイレシートを持ち歩き、マーキングをしそうになったらトイレシートを下に潜らせてさせるようにしてみました。

 

すると、オシッコとトイレシートが結びついて記憶されるようになり、トイレシートの上に乗るとオシッコのスイッチが入るようになりました。

 

シートでオシッコをするときに、「オシッコシーシーシー」と言うようにすると、これがコマンドになり、シート+コマンドでスムーズにお家のトイレでもオシッコが出来るようになりました。(今思えばもう少しかっこいいコマンドにしておけば良かったです😅)

 

しかもこれの良いところは、トイレの枠がなくてもシートさえあればそこでオシッコが出来ます。

 

旅行などのお出かけの時は、場所で覚えているのではなくシートで覚えているので助かります。

 

そしてコマンドで出来ると、都合の良いタイミングでさせることもできるので、これを覚えさせてよかったと思っています。(もちろんタイミングによっては出ない時もありますが)

 

こんな風にして成犬になってからトイレトレーニングをしてきたのですが、老犬となった今、また新たなトイレの課題に取り組んでいます。

 

オシッコの回数は多くなり、粗相をする回数も徐々に増えています。

 

でもトイレには行こうとしているんです。

 

ただ間に合わなかったり、目が不自由なのでトイレに行ったつもりで失敗しているのかもしれません。

 

プータさんなりに頑張っていることを考えると、粗相をされても仕方がありません。

 

後始末がしやすいよう、お部屋のカーペットを部分洗いできるタイルカーペットに変えたり、布団にはおねしょシーツを使ったりしています。

 

そしてどうしても手が離せない時だけオムツを使ったりもします。

 

お互いにストレスを少しでも減らして、楽しく暮らせるよう工夫することが必要になってきます。

 

ワンちゃんのシニア期に少しでもトイレの負担を軽くするためにも、早めのトイレトレーニングを済ませることをお勧めしたいと思います。(お散歩の時にしか出来ない子は、病気や歩行困難になった時にさらに負担がかかってしまうかもしれません)

 

先日こちらでは四年ぶりに大雪が降りましたが、そんな日のお散歩はおじいさん犬には出来ません。

 

また寒い日の朝の散歩も体の負担になるでしょう。

 

飼い主さんだってきついはず。

 

だから、お家でトイレが出来るようになることは、後々のためにも大事なことだと思うのです。

 

この方法は、成犬に限らず子犬にも出来る方法です。

 

もしトイレトレーニングで行き詰まっている方がいらっしゃるなら、参考になればうれしく思います。

 

でもその際に、何よりも我が子の性格や能力をよく見極めて試行錯誤されてみるようお勧めします。

 

なんでも楽しく出来ることが一番ですから✨

 

f:id:poodlepooh:20220114214556j:plain

f:id:poodlepooh:20220114214605j:plain

こんな日はおじいさん犬も人間のおばさんもお家でぬくぬくしていたいです🍵



 

 

 

 

 

 

 

 

おしゃれなお菓子が作れたなら

私はほぼ毎年のようにお菓子が作れるようになること目標にするのだけれど、達成したことがありません😅

 

お菓子作りってきちんと分量や時間を計って作らなければならないので、大雑把な私にはどうも性格的に合わないようです。

 

子どもがまだ小さかった頃、ケーキを作ってあげたくてスポンジ生地を焼いてみたのですが、出来上がったものを食べた時の衝撃は今でも忘れられません。

 

ふわふわとは程遠く、低反発枕のようなキッチキチな食感、“低反発スポンジケーキ”の出来上がり😱

 

お菓子作りって難しい!

 

私が作れるお菓子といえば、ホットケーキミックスで作るドーナツだったり、クッキーくらい。

 

パンはなんとか作れるのに、この壁は一体なんなのか?自分でも不思議に思います。

 

だからおしゃれなお菓子をサラッと作れてしまう人を尊敬します💕

 

母としては、子どもが「わぁ〜」って言ってくれるようなケーキを作ってあげたいと思うじゃないですか。

 

でも低反発ケーキがトラウマになってしまった私…

 

そこでお得意の簡単手抜きケーキ✨

 

市販のホールのスポンジケーキを使って好きなようにデコレーション。

 

これなら私、失敗しないので。(そりゃそうだ)

 

これまでこの手抜きケーキで息子の就職、先日の結婚お祝いなどなどしてきました。

 

ん〜でも本当はちゃんと作りたい。

 

今年こそはスポンジ作り、リベンジしてみようかな✨

f:id:poodlepooh:20220106221635j:plain

就職お祝いのケーキ。何にも凝っていないし雑😄



f:id:poodlepooh:20220106221649j:plain

結婚お祝いのケーキ💕飾りのマカロンは近所のケーキ屋さんのもの。

「おめでとう」の字がちょっと怖い😅これなら全部ケーキ屋さんで注文すればよかったかも。

 

 

命を預かるということ

f:id:poodlepooh:20211224115523j:plain

このブログに立ち寄ってくださった皆様、そしてワンちゃんやネコちゃんたちの幸せをを願いつつ、今年最初のブログ記事を書いてみたいと思います。

 

このコロナ禍の影響で、癒しを求めてペットを飼う人が増えたとよく聞きます。

 

確かに私たちは動物たちからたくさんの癒しをもらい、幸せな気持ちを味わえます。

 

でもその幸せは双方が感じなければならないと私は思っていて、決して人間だけが味わっていてはいけないと思うのです。

 

だからもの言えぬ動物を「ぬいぐるみ」のように扱っては、決していけません。

 

動物虐待や飼育放棄される子たちに常々胸を痛めている私に、「『犬部!』という映画を見てみると少し希望が持てるかもよ」と夫が言ったので私も見てみたのですが、やはり痛むのです。

 

映画は北里大学獣医学部に実在した動物保護サークル「犬部」をモデルに作られていて、登場人物の獣医学部生、花井颯太は『花子と先生の18年〜人生を変えた犬〜』というドキュメンタリー番組に出てくる獣医師、太田快作さんがモデルになっています。

 

太田先生の愛に溢れるお人柄や、熱血漢なところ、本当に心が打たれて頭が下がる思いがします。

 

動物実験にされてしまう犬の命や、保健所に連れて来られる犬、また猫の保護活動をしていく様子などが描かれているのですが、もの言えぬ子たちが本当に幸せに暮らすためにはこれではまだ十分ではありません。

 

そもそも日本では、あまりにも簡単に犬や猫が飼えて(買えて)しまうことが問題なのではないでしょうか?

 

ドイツを始め、ヨーロッパでは簡単に犬が飼えないよう法整備がされています。

 

ドイツでは生き物を店頭販売するなんてあり得ないという考え方が根本的にあって、まず簡単に犬を買えないのです。

 

保護施設からの譲渡か、ブリーダーから直接買うことになるのですが、ある程度社会性を身につけさせ、何度も足を運んでもらい、生後半年以上経ってようやく飼育を開始することができるそうです。

 

日本では生後二ヶ月で店頭に売られていますよね。

 

プータさんは生後四ヶ月で我が家に来たのですが、ペットショップにしてみれば四ヶ月になるワンちゃんは早く売れないと困るのです。

 

実際プータさんは私たちに会うまでに、系列のペットショップを転々としていて、3軒目のお店で巡り合いました。

 

そしてここで飼い主が決まらなければ次に移動するお店も決まっていると聞き、ずっと新しい家族を探していた私たちは連れて帰ることにしたのです。

 

小さい時から母犬や兄弟犬から引き離されて、寂しい思いをしていたと思います。

 

ペットショップの在り方も考える必要があるのかもしれません。

 

そしてさらにドイツでは飼育に関しても厳しい条件があって、6時間以上の留守番はさせてはならないとなっています。

 

仕事の都合で止むを得ないときは、昼休みに一度帰宅してお世話に戻るとか、職場に連れていく、ペットシッターや預かり施設の利用などをして、長時間の留守番させることのないようにしています。

 

10時間以上の留守番をさせると動物虐待で通報されることもあるというのですから、日本との認識の差に驚きます。

 

この他にも飼育のスペースが十分取れていることや、ドイツの一部の州では中型犬以上の犬を飼うためにはライセンスが必要です。

 

このライセンスを取得するために、ドッグトレーナーズスクールに通って学び、テストを受けなければなりません。

 

ここまで犬を飼うために求められることがあると、自分には犬を飼う資格があるのだろうかと真剣に考えざるを得ません。

 

一方で、飼育のハードルがあまりにも上がりすぎてしまうと、一握りの人しか犬と共に暮らす楽しみや幸福感を味わえなくなるように思え、それもまた寂しい気がしてしまうのです。

 

大事なのは、命の大切さをよく認識する道徳的観を持つこと、飼い主になる覚悟、責任感を持つことなのではないでしょうか。

 

具体的に良い飼い主になるための条件ってどんなことだと思いますか?

 

よく言われる条件を挙げてみるならば、まずペットを飼える住宅でしょうか?禁止されているところはもちろん、ペットのサイズに合わない居住空間では飼育は無理でしょう。

 

以前近所のアパートに、まだ小さなお子さんがいるというのにピットブルを飼っている人がいると聞きました。

 

お互いにストレスを感じると、大変なことになりかねません。

 

これは絶対に考慮しなければならない大切なことです。

 

そしてワンちゃんの場合、お散歩は必須です。世話する体力、時間はありますか?

 

高齢になった大切な子を、最後まで介護する覚悟はありますか?

 

体にあった食事、必要な医療を受けさせるため、経済的な負担をちゃんと負えますか?

 

もうすでにワンちゃんやネコちゃんを大切に育てている方ならば、これらのことは当たり前のことと聞こえているはずです。

 

そして私が尊敬しているシーザー・ミランも、犬を飼う前に考慮するべき10のことを挙げているのですが、ドッグトレーナーならではの考えが反映されていて、これも考えさせられます。

 

例えば、穏やかで毅然としたリーダーになる方法を犬と共に学ぶことや、他の動物や人間に危険なことをしないよう社会に適応させ、適切な仕方で躾けること、犬の行動学と、自分の犬の犬種についての必要な知識をすすんで身につけることなどを挙げています。

 

このような理解を深めて良い飼い主さんを増やさなければ、保護活動も焼け石に水のように思えてしまいます。

 

我が家のプータさんは16歳の老犬で何かと手がかかりますが、だからと言って手放そうと思ったことなんて一度もありません。

 

あり得ないことなのです。

 

目が不自由になってから尻尾を振ってはしゃぐことが無くなっていたのですが、ここ最近見えないことにようやく慣れたのか、ご機嫌に尻尾を振り出し、ピョンピョンと飛び跳ねるようにはしゃぐ姿がまた見られるようになりました🥲

 

こんな姿を見ていたら、いくつになっても大切な命なんだと思いますし、最後の最後まで守ってあげたいという気持ちになります。

 

私がプータさんのお世話をするときに、いつも心に留めている言葉があります。

 

『義なる人の親切は、口の利けない動物にも及ぶ』

 

これは、心の正しい人は動物を親切に扱い、何を必要としているかを知ろうと努める、という意味だそうです。

 

「命を預かるということ」

 

この重みがわかると、きっと飼い主さんもワンちゃんも、そしてネコちゃんも幸せになれるのでしょう。

 

どうかどうか不幸な子がいなくなり、みんなが幸せに暮らせますように!✨

 

f:id:poodlepooh:20211111134333j:plain

お気に入りのちゃんちゃんこを着てこの冬を乗り切ります☃️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます!💕

今年も残すところあとわずかになりました。

 

皆さんにとって、今年はどんな年になったでしょうか?

 

私は夏にこのブログを始め、今までやったことのないことにチャレンジしたので、頭の細胞が少し活性化されたのではないかと思っています😄

 

とは言え、まだまだ「はてなブログ」の機能を熟知しておらず、なんとか自分の記事の体裁を整えるところまでで止まっています。

 

来年は、もう少し進歩できるよう楽しみながらやっていきたいです。

 

こんな感じのゆるい私ですが、読者になってくださった皆様、スターをつけてくださった皆様、通りすがりでもお読みくださった皆様、本当にありがとうございます❗️

 

ただただ嬉しくて、どう感謝をお伝えしたらいいのかと思っていました。

 

ブログを始めた頃は誰にも読まれないと思っていたので、読者になってくださった皆様には、とりわけ感謝の気持ちでいっぱいです💕

 

いつも拙い私の記事を読んでくださり、ありがとうございます❗️😃

 

来年の春には、愛犬プータさんは17歳を迎えます。

 

これからも、老犬のお世話情報をお伝えしながら、日々感じることを共有し合えていけるような、そんなブログ記事を書いていきたいと思っていますので、どうぞこれからもよろしくお願い致します!

 

感謝の気持ちを込めて、お気に入りスポットからの景色をどうぞ✨

f:id:poodlepooh:20211215121601j:plain

f:id:poodlepooh:20211215121546j:plain

f:id:poodlepooh:20211215121554j:plain

この時期の夕方の富士山はめちゃくちゃ綺麗です

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ空の巣になったとしても

 

f:id:poodlepooh:20211209125331j:plain



幼い息子をベビーカーに乗せ、ちょっぴり大変そうにしている私を見て、

 

「大丈夫、大変な時期はすぐに過ぎて楽になるから。」

 

と人生の先輩が優しく言ってくれたのを、懐かしく思い出します。

 

子育てが大変と思う度に、その言葉を思い出しては、よく気持ちをリセットしていました。

 

確かに子どもが育つのはあっという間で、手のかかる時期や、反抗期は、ずっと続くわけではありません。

 

嵐のように感じる時もいずれ終わり、過ぎ去ってしまいます。

 

そんな時期を乗り越えながら育てて来た私の息子も、いよいよ結婚を機に巣立ちます。

 

嬉しいような寂しいような、なんとも言えない変な気持ち。

 

んっ、これってもしかして、「空の巣症候群」?

 

「空の巣症候群」って子どもが自立し、子育てに全力を尽くしてきた専業主婦がなりやすく、更年期と重なる40代50代の女性が発症しやすいってあるじゃないですか!

 

「やだ、私、当てはまるかも😱」

 

「なんとも言えない虚無感とか今感じていますけど…」

 

子育てって、大変なときは早く楽になりたいと思うのに、子育てが終わったら終わったで寂しくなるなんて、勝手なものですよね。

 

「空の巣症候群」とはうまく言ったものだと思うけれど、でも今感じる虚無感とか寂しさって、ちょっと考え方を変えることで和らぐんじゃないかなって思ったりもするんです。

 

確かに子どもが自立することで、巣の中は空っぽになるけれど、でも私はそもそも人間で、鳥ではないので、空っぽになった巣をどう扱うかは私次第なんですよね。

 

雛鳥は一度巣立つとその巣には戻ってこないかもしれないけれど、人間の「我が家」という「巣」にはいつでも遊びに戻って来れるじゃないですか。

 

疲れた時には、お嫁さんを連れてゆっくり休みに来ればいいし、気が向いた時に二人で帰って来ればいいのです。

 

そして古巣で英気を養って、また自分達の巣に戻って行けばいい。

 

そんな風に思ったりするんです…

 

まあ、そのためには、いつでもほっと出来る場所に整えておかなければならいし、何よりも今度は息子だけでなく、お嫁さんが気兼ねなく遊びに来れるよう、環境を整えておこうと思うと、まだまだ空の巣になんかなりません。

 

あ〜、人間でよかった😃

 

それにしてもまずは、お嫁さんと仲良くならなくちゃだめですよね。

 

よく夫の実家に帰るのは苦痛だと聞きますが、お嫁さんに余計な気を使わせることのないよう、お姑さんというより、良いお友達になりたいです✨

 

夫が帰る時には、「一緒に行きたい」と言ってもらえるよう頑張ろうと思います。

 

そして何よりも、せっかく子育てが終わったのです。

 

古巣に子どもがいなくなった今、自分のための時間を大事にしたり、夫やプータさんと過ごせる時間もこれまで以上に大事にしていきたいです。

 

やってみたいこと、今まで後回しにしてきたことをしながら、元気に生き生きしている姿を、息子に見せられたらいいけれど。

 

さあ何から始めてみようかな。

 

good-by「空の巣症候群」!😄

 

f:id:poodlepooh:20211209124931j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更年期主婦の簡単手抜き朝ごはん

「あ〜朝ごはんどうしよう?」

 

からしっかり食べれる方ではないので、夫の朝食とは別に、その日の調子で自分用の朝食を作ります。

 

食べれないなら食べなくていいと以前は思っていたのですが、更年期の体調を考えると、少量でも朝食は抜かず、ちゃんと食べた方がいいと思うようになりました。

 

そのきっかけは、食べているのに栄養失調になる、「新型栄養失調」の話を聞いたからです。

 

カロリーは足りているのに、体に必要な栄養素をバランスよく摂れていないことによる「栄養失調」なんだそう。

 

考えてみれば、食べれるものがあるだけでも有難い話なのに、無理なダイエットや、好き嫌いによる偏食とかで栄養失調になってしまうとは、なんとも贅沢な栄養失調と言えるのではないでしょうか。

 

私の場合、更年期もそうですが、爪がよく欠けたり、髪の艶がなくなったり、そういうことが何かのサインになっているのではないかなと思って、食事を気にするようになりました。

 

夫の血圧、体重、血糖値は気になるのに、自分のことは後回しにしていたなと思い、自分のための食事を改ようと思ったのです。

 

でもとにかく簡単で手を抜きたい!野菜を切ったりするのも嫌だし、わざわざお鍋を出すのも嫌!

 

こんなワガママだらけで思いついたのが、レンジでチンするだけの「簡単手抜きスープ」です✨

 

夕飯の支度をする時に、スープの材料になりそうな野菜を、すぐに使える状態にして冷凍ストックしておきます。(人参とかブロッコリーなどは軽くレンジで加熱してから冷凍します)

 

いろんな種類の冷凍ストック野菜をその日の気分や体調で選び、大きめのカップに入れ、べースとなるスープの味を決めて、600Wのレンジで2分半から3分温めるだけ。

 

「手抜き野菜スープ」の出来上がり💕

 

スープの味が、コンソメだったり、中華、ホワイトクリーム、お味噌などなど、バリエーションもいろいろ楽しめます。

 

気軽に野菜が摂れるし、スープなら体を温め、食欲があまりない時でも食べ易いです。

 

しかも冷凍野菜って便利なだけでなく、冷凍することによって栄養価が上がるものがあります。(旬の野菜は特に栄養価が高くなっているので、なお良いです)

 

例えば、きのこ類は旨味成分のグルタミン酸がアップし、疲労回復の効果があるアスパラギン酸もアップします。

 

他にも、ブロッコリー、にんじん、小松菜、玉ねぎなどが、冷凍することで栄養価が上がるのだそう。

 

私はトマトを使い易いように切って冷凍保存するんですが、必要な分だけ使える手軽さと、一度冷凍したものを加熱すると、とろとろになって美味しいように思います。(皮も簡単に剥けます)

 

最近作った簡単手抜きスープは、更年期にいいと言われている豆乳入りスープ✨

 

冷凍野菜(にんじん、ブロッコリー、エリンギ、トマト)と、ベーコン、コンソメ顆粒、豆乳、水。ラップをふんわりかけて電子レンジ600Wでこの日は2分半加熱しました。

 

f:id:poodlepooh:20211127210749j:plain

 

 

大きめのカップで作っているんですが、豆乳多めでお水と合わせて200ccくらい入っていると思います。コンソメは大さじ1弱くらいかな。主婦の感覚で、目分量ですみません。

f:id:poodlepooh:20211127210813j:plain

でもだいたいで作れちゃいます。なんと言っても「簡単手抜きスープ」ですから😄

 

f:id:poodlepooh:20211127210823j:plain

          朝食の完成❗️

 

この飽食の時代に栄養失調だなんて、毎日きちんと食事がいただけることに感謝しなければと思います。

 

今日も「いただきます!」の気持ちを忘れずに、美味しくいただきたいと思います😊